合宿免許、そのメリットとデメリット

自動車の免許制度が整い、やがて普通自動車免許を取得する際には自動車教習所を利用する事が一般的に考えられるようになりました。

やがて、自動車免許の取得人数の増加により、思うような期間で取得が難しくなると、合宿免許という制度を利用して取得する人が増えてきたのです。

この合宿とは、その名の通り教習所に併設された宿泊施設、或いは近辺の宿泊施設に教習期間中滞在することにより、短期間で効果的に自動車免許を取得する事を可能にした仕組みになっているのです。

一般的な教習所であれば、日常生活の合間に時間を作って教習所に通う必要があること、更に教習所の予約状況によっては中々実地教習を受ける事ができずに期間ばかりが無駄に過ぎてしまう場合もあり、決して効率的な取得方法ではありませんでした。



一方で、合宿免許を利用すれば、一定期間で取得する事を宣伝文句としているため、計画に則った実地教習を受ける事ができ、通常の自動車教習所に通う場合と比べても半分程度の期間で普通自動車免許を取得する事も可能なのです。勿論、宿泊代金も費用に上乗せされているため多少割高に感じることもあるでしょうが、短期間で取得できること、そして、日常とは異なる環境での生活に、ちょっとした小旅行のような気分を楽しむことも出来るのです。


しかし、短期間で取得できてしまう事のデメリットは自覚しておく必要が有ります。



教習期間が短いと言う事は、習熟度を上げる事も難しく、合宿免許で普通自動車免許を取得した人は、事故に遭う確率も高いと言うデータが残っている事は覚えておく事が大切なのです。




Copyright (C) 2015 合宿免許、そのメリットとデメリット All Rights Reserved.