合宿免許のメリットとは?

運転免許の取得方法には大きく分けて通学と合宿があります。どちらにもそれぞれ特徴がありますが、合宿免許のメリットとはなんでしょうか。

そもそも合宿免許とは、教習所と契約した合宿所に泊まりこみで取得する免許のこと。



一般的には広い土地の使える郊外に合宿所が置かれています。
合宿免許を通学で取得する免許と比べた時に、最も大きいメリットになるのが「取得までにかかる期間が短いこと」です。


最短ではAT車で14日、マニュアル車で16日程度で取ることができるとされています。

通学で教習所に通う場合、学生の休みにあたる期間などは混雑していて、なかなか思うように教習の予約が取れないことがあります。

その点、合宿免許なら定員が決まっておりスケジュールも事前に決定しているのでスムーズに教習を進めることができます。
入学や就職までに必ず免許を取得したい場合には、合宿で免許を取得するほうが通学より確実になるでしょう。



また、取得までにかかる費用も通学より安く設定されているスクールが多くあります。

実際の教習も、場内コースに使える土地などが広いため、ゆったりと様々な技術の取得に挑戦できることが多いようです。



それは場外練習にも言え、交通量の多い市街地の道路よりも落ち着いて運転できる道で練習ができることが多いようです。

さらに、同じ合宿所で免許の取得を目指す人との交流もあり、空いた時間には一緒にレジャーを楽しむことができる合宿所もあります。


Copyright (C) 2015 合宿免許のメリットとは? All Rights Reserved.